ゼロからお金持ちになる方法(蓄財研究)

会う人すべてが顧客

会う人すべてが顧客
第二次大戦後のまだハドソンの車が走っていた頃のことを覚えている人は少ないだろう。
当時のように、四輪なら車だろうが、何だろうが、何ヶ月、 あるいは何年も待たないと入手できなかった物不足の時代でさえ、ハドソンはなかなか売れる代物ではなかった。

ある日、ラスベガスで知り合った人と話をしていると、彼が非常に金持ちだということがわかった。
自動車ディーラーをやってもう十分稼いだために引退したと言うのだ。
何を売っていたのか尋ねると、ハドソンだと言う。

私は信じられなかった。
どうやったのか教えてもらった。

彼は一つのルールを決め、それを自分の下で働くセールスマンだけでなく、整備士や事務員など全員に守らせていた。

彼は誰かに会ったり、電話をしたりする際、 用件に入る前に必ず「自動車を買いませんか。待たずに今すぐ買えますよ」と尋ねた。

それがルールだった。
この方法で誰も売ることのできない車を売ってビッグビジネスを築いたのだ。
これは、会う人すべて、仕事に関係のある人すべてに名刺を配るのと同じことだ。
自動車を必要としている人はいるのだから、 名刺が人から人へ伝って最終的にそのときに欲しいと思っている人の手に渡る可能性がある。 そして自分の顧客になる。

『私に売れないモノはない!』ジョー・ジラード (著)
やれること
地元マスコミに18ヶ月連続で取材されたが、そのノウハウを公開。まずは社会貢献的なことをやる(中古パソコンを無償貸与)+ニュースリリースを送る+電話+挨拶回り。「顔合わせるとより身近に感じてもらえ、取材されやすい」。
  • 営業エリア、マーケットを絞り込む(地域密着)
  • 専門分野に特化する(可能であれば)
  • 差別化を図る(可能であれば)
  • 集客→見込み客フォロー→販売→顧客化
  • 2万円の集客用目玉商品→20万円の商品→100万円の商品(Marketing Funnel)
  • 売れる商品を扱う。売れ筋。一番の集客力のある商品。
  • 個人的な小冊子をつくり、配布する
  • 顧客の役に立つ小冊子(ウィジェット)をつくり、配布する。
  • 個人的なDVD(もしくはビデオ)をつくり、配布する
  • マスコミにアプローチして、マスコミ取材を受ける
  • 士業、他業種のセールスマンと提携する
  • 異業種交流会に参加する
  • マスコミ・インフラストラクチャーへのアプローチ(ref:レジス・マッケンナ)
  • もし、扱っている商品が新規性・ニュース性・話題性のある商品であれば、マスコミにプレスリリースを打つこと。また、影響力のあるセグメントにアプローチする。
  • (直接)相手と直接会ってコミュニケーションをとる
  • ex. 配達スタッフ1人が1日約50軒廻る
  • (間接)メール、FAX、電話、ハガキでコミュニケーションをとる
  • ニュースレターを発行する
  • 個人的なウェブサイトをつくり、集客などを実施。
  • イベントを開催して、継続的に多くの顧客とコミュニケーションをとる
  • セミナーを開催して、見込み客と接触をする
  • 早朝ミーティング・早朝勉強会を開催する< /li> 理由:お金持ちには、早起きが多い。
  • ランチミーティングを開催する
脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン
家々のドアをノックして歩きはじめた。通りや公園で見知らぬ人に声をかけたりもした。
セールスでいちばん大変なのは、相手の信頼と好意を勝ちとることだ。
「なんともったいない。お客さんとこんなにいい関係ができたのに、相手が必要とするものを定期的に売ることができないなんて」

ビルはまず、バスケット類を買ってくれた家や庭仕事をくれた家に加えて、半径5マイル以内の家をすべて回ることにした。
「ぼくは受けもち区域の家のドアを、三ヵ月に一回、ひとつ残らずノックしてきた。
そしていま、五百軒以上のお得意さんをもっているんだ」

雨が降ろうがかんかん照りになろうが、 ビルは毎日八時間、家々のドアをノックしつづけて、七ないし十マイルほど歩く
一日に訪れる家の数は、およそ百軒
運がよければ、十軒に一軒は何かを買ってくれる。

「きっと「イエス」と言ってもらえる−脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン」シェリー・ブレイディ(著)
サイトマップ
トップページ
収入を増やす(Income)
支出を減らす(Saving)
投資をする(Investing)
参考書籍
サイトの管理人・竹内正浩について(プロフィール)
お問い合わせ
サイトマップ: トップページ  | 収入を増やす(Income)  | 支出を減らす(Saving)  | 投資をする(Investing)
参考書籍  | サイトの管理人・竹内正浩について(プロフィール)  | お問い合わせ

Copyright 2010 ゼロからお金持ちになる方法(蓄財研究) All Rights Reserved.